しゃんりぃふ

アロマもコスメもチャイナも!好きなものぜんぶ

頭痛や捻挫にも!ペパーミントの効能や活用法まとめ

【SPONSORED LINK】

ガムやオーラルケア、タバコにも、モヒートなどの飲み物にも…ミントの香りは生活の至る所にあるなじみのある香りです。

それらは全て香りを楽しんだり、眠気覚ましのために使われたりすることが多いと思うのですが、

アロマセラピーの中では、ミントは痛みやかゆみを取ったり、心身に活力を与えてくれる精油として有名です。

今回は、ミントの精油の中でも一番よく使われているペパーミントの精油について紹介したいと思います。

 

【SPONSORED LINK】

ペパーミントの精油ってどんな香り?


青色と緑が混ざったようなスカッとした清涼感のある香りです。
嗅いだ瞬間に体温が下がったような気になるくらい、クールな感じ。

第一印象は、完璧に「歯磨き粉だ!」でした。(笑) それくらい、嗅いだことのある馴染のある香りです。

でも、すーーっと深く吸い込んでみると奥の方に不思議な甘さを感じます。これは、歯磨き粉の香料にはない特徴で、ペパーミント精油に含まれる有効成分、メントンがこの甘さを作り出しているようです。

 

こんなときにピッタリ

ペパーミント精油のキーワードは、「活力・インスピレーション・冷静・痛みを抑える・スッキリする」です。

  • 新しい環境に移ってしばらくたち、疲れが出てきたときにもう一度活力を与える。5月病などの解消に
  • 怒りや納得できなくても前に進む必要があるときに。感情の許容量を広げてくれる
  • 会議のときに使うと、発想力が豊になる
  • 頭痛が起きたときににラベンダーとブレンドしてこめかみにon!
  • 冷却作用で虫刺されのかゆみ、捻挫や打撲の痛みを冷やして抑える
  • 乗り物酔いの特効薬

植物としての特徴

背丈が30~100㎝の多年草で白や紫の可愛い花を咲かせます。ペパーミントの精油はこの葉っぱと花、両方から抽出することができます!

一度枯れても芽を出すほどの生命力に溢れるハーブの一種。可愛いのに強いんです。

学名が「Mentha piperita(メンタ ピぺリタ)」といいます。Menthaはラテン語で「考える」という意味で、ヨーロッパではインスピレーションと洞察力のハーブとして知られています。

ペパーミントは産地によって香りの違いがハッキリしています。

この精油の主な成分の中にメントンと、メントールという名前の成分があり、産地によって含有量に若干の違いが出てきます。それによって、香りにも違いが出てくるのです。

インド産はメントンという成分が多くなるので甘く、アメリカ産のはメントールという成分が多く含まれているのでスッキリ感が際立ちます。

心への効能

①活力、やる気

ペパーミントは枯れても枯れてももう一度芽を出すほど、生きる意欲に溢れた活力いっぱいの植物。その植物の香りは活力を失ってどよーんとした心にその生きる意欲を分け与えてくれます。

特に効くのは5月病のとき。新しい環境に移ってしばらく経ち、慣れてきた頃にどっと疲れが出ることがありますよね。その疲れを癒し、心の中にもう一度新しい空気を入れなおしてくれます。

 

②怒りを鎮め、冷静に

納得いかないとき、本当は怒りに任せて怒ってしまいたいけれど、それは何にもならないからと自分を落ち着かせようとしているとき。そんなときに感情の許容範囲を広げて忍耐を助けてくれます。

怒りの感情って、本当にコントロールが難しいですよね。しかも「こんな小さなことで怒るなんて。。」と自己嫌悪になって、もっとつらい気持ちになるときも。そんなときに一瞬で気分をシフトしてくれる香りの力はとても有効です。

私も、どうにも頭痛とイライラが止まらないときにペパーミントで芳香浴を行ったことがあります。怒りという感情が完璧に収まったわけではなかったですが、一瞬で冷静になり、今日はなんでこんなにイライラしやすいんだろう?と自分を客観視できたことを覚えています!

 

③ひらめきや発想力

「インスピレーションと洞察のハーブ」という異名をもつペパーミントは、オフィスでの会議の時や仕事中の気分転換にうってつけ。頭の回転を助けて、新しい発想が生まれるのを助けます。

スッキリした香りなので、午後の眠気覚ましにも有効です^^

身体への効能

①胸やけ、吐き気、乗り物酔い

胃痛薬にもメントールのスッキリした香りが使われているものがあるように、胃の不調全般によく効きます

特に私が効果を実感したのは乗り物酔いのとき。長く車に乗っていた時に仕事のメールを返さなければいけなくて、ついつい、ぐーーっと集中して携帯の小さい字を見続けてしまいました。その後すぐに、気持ち悪くなって世界が回る感覚が…

そのときにちょうどペパーミントの精油を持ち歩いていたのを思い出し、すぐにティッシュに垂らして鼻の近くで吸っていました。数分後くらいには胃のムカムカが落ち着き、吐きそうなのを我慢して強張ってた体が緩むのを感じられました。

 

②頭痛

これは一番といっていいほど使います。私が1か月に何回かは原因不明の頭痛に襲われるからってのもあるんですけど…

頭痛が起きたときに、耳の裏とかに(本当はオススメしないんですけれども)原液を少しだけ塗ってます。さーーっと、とてつもない爽快感が来て、そのまま少し目を閉じて休んでると、痛みが和らぎます。

ただ、私は自己責任でやってますが、基本は原液塗布はしないでください。原液塗布以外の使い方であれば、頭痛にはアロマスプレーがオススメです

ー作り方ー

必要なもの:精製水、無水エタノール、100mlボトル(ガラスが良い)、ペパーミント精油、ラベンダー精油

  1. エタノールを10mlはかって容器に入れる
  2. ペパーミント2滴、ラベンダー2滴を加えてよく振る
  3. 精製水90mlをはかっていれてよく振って完成

このスプレーを耳の後ろとかに吹きかけてなじませればOK!

精油が酸化しないうちに使った方が安全なので、作ったスプレーは2週間以内に使い切ってください。もし効果が感じられないときは、1~3滴ほどペパーミントをさらに加えて様子を見てみてくださいね^^

このスプレーは頭痛以外にも、虫刺されのかゆみ止めにも使えます!

 

③打撲、捻挫

ペパーミントの香りは本当に「歯磨き粉だー」っていう感想を持ってしまうほど、よく嗅ぐミントの香りなのですが、歯磨き粉以外にももう一つ似ている物があります・・

それは、湿布です。湿布のあのスーッとする香りに似ているんです。

その香りの通り、ペパーミントの精油にも冷却作用があり、打撲や捻挫の応急処置にはペパーミント精油を使った冷湿布がとてもよく効きます。

ーやり方ー

  1. 洗面器に冷水(氷を入れても良い)を溜める
  2. そこに、ペパーミント精油を2~4滴ほど垂らす
  3. ミニタオルかフェイスタオルを、水面に浮いてきた精油をすくうようにして冷水にくぐらせ、良く絞って患部にあてる

 

④不眠

これはちょっと裏技的な使い方なのですが…本来、眠気覚ましとなるペパーミントが不眠の症状に役立つことがあるんです。

実は、ペパーミントは「使用濃度によって効果が変わる」という性質を持っていて、少し多めに使うと眠気覚ましとなり、ものすごーく薄い濃度で使うと逆に眠気を誘う効果があると言われています。

ラベンダーやベルガモットは不眠に効くと有名なのですが、それらを使っても一向に眠れなかった方が、ペパーミントでよく眠れたという臨床結果があります。

私はベッドに入って3分後には夢の中な体質なので実際に使ったことはないのですが、ごく薄く使うとすれば、水蒸気で精油を拡散させるタイプのアロマディフューザーに1滴ぐらいで、香るか香らないかわからないぐらいで使ってみるといいと思います!

 

⑤歯の痛み

さすが歯磨き粉の香りだけあって、歯の痛みによく効くと言われています。

これも、まだ私は使ったことがありません… いつか歯が痛くなったら実践してみたいと思います。

よく言われている使用法は、綿棒の先に1滴だけ垂らして痛い歯の歯茎の部分だけにチョンチョンっとつけるそうです。他のところにつけてしまうと刺激のつよい精油なので慎重に、その場所だけにつけるようにしましょう。

 

使用上の注意事項

  • 人によっては皮膚刺激を感じる場合もあるので、敏感の肌の人はとくに注意してください
  • 妊娠中、高血圧、てんかんの方には使用を避けてください
  • 6歳未満のお子様には、使用を控えてください(スペアミントならば、作用が優しいので3歳以上のお子様に使えます)
  • 一時的に月経血量が多くなることがあるため、月経過多や、月経血量が多い方は気を付けて使用してください
  • 少量でも強く香るため、最初に使われるときは1滴から様子を見つつ、量を調整してください

おわりに

香りが爽やかなだけではなく、痛みなどにも力を発揮するペパーミント精油は、使い勝手がよく、私自身もよく使う精油の一つです。

初心者の方も使いやすいので、是非お試しください!

 

【SPONSORED LINK】

About The Author

[profile name="ちぃころ" namesize=22 namecolor="#36597E" nameitalic=1 authorurl="#" profimgurl="https://korosaku.info/wp-content/uploads/2017/08/img_3564.jpg" profshape="circle" profsize=200 topbgimgurl="https://korosaku.info/wp-content/uploads/2017/08/summer-daisy-field-picjumbo-com.jpg" profbdwidth=12 twitterurl="https://twitter.com/chiikorox" facebookurl="" googleplusurl="" youtubeurl="" pinteresturl="" hoverfx=1 descfontsize="13px" border=1] 普段は中国語の通訳をしている中国帰り女です。
新卒で入った会社で体調を崩したことをきっかけに、IFA(アロマセラピストの国際資格)を取得しました。
このブログでは、
『アロマセラピーについて』
『中国生活で体験したこと』
『コスメや美容医療』
などをメインに書いていきます。
ラジオを聴きながら好きなアロマを炊く時間が好き。 [/profile]