しゃんりぃふ

アロマもコスメもチャイナも!好きなものぜんぶ

胃もたれや吐き気に効く精油とアロマセラピーの方法

【SPONSORED LINK】

こんにちは!ちぃころです。

飲み過ぎてしまった次の日や、脂っこいものを食べた次の日の朝、胃がもたれて会社行くのもしんどいなぁ…そんなとき、皆さんにはありませんか?

私はこの前、朝起きたらなんとなく胃が気持ち悪く、なかなかベッドから起き上がれませんでした。

その日は早番だったので、起床は朝の4時。

ちぃころ
朝早すぎてグロッキーなうえに胃もたれのダブルパンチ・・・

これはあかん!と、胃もたれや吐き気に効く精油たちを引っ張り出してきてセルフケアしたところ、これがよく効いてくれて、会社に着くころにはスッキリ爽快に。

なので今回は、胃もたれや吐き気に効く精油たちの紹介と、その活用法について書きたいと思います!

【SPONSORED LINK】

胃のムカムカや吐き気に効く精油

レモン

胃腸の働きを高めるという柑橘系の中でも、とびきり爽やかなレモン。このキュッとしたジューシーな香りは、胃腸の不快な感覚を取り払ってくれます。

胃と一緒に肝臓の機能も高めてくれるので、脂っこい食事をした後や、二日酔いのもたつきに特におすすめ。

二日酔いっぽいなーというときにレモンで芳香浴をするかしないかで、回復までの時間が全然違います。

ちぃころ
肝臓の機能を高めるために、ヨーグルトなどに入れて食べる人もいるほど。私自身は飲んだり食べたりすることはおすすめしていませんが…

 

ペパーミント

誰もが親しみのあるミントの香り。あの、嗅ぐとすぐにやってくる爽快感は、空気や鼻が通る感じがしますよね。それは胃にも効果をもたらします。

詰まっている物を流す、取り除く。そんな力がペパーミントの特徴です。

ペパーミントを嗅ぐことで、胃の中に残っているものの消化を促し、もたつきを解消してくれます。

胃だけではなく、花粉症での鼻づまりや、頭の中にモヤモヤや考えが行き詰ってしまったときなどにも効果てきめん。あらゆる「詰まりの解消」にはペパーミントです。

レモングラス

森林の独特な青い香りと、レモンの爽やかさを掛け合わせたようなピリッとした香り。レモングラスもエスニック料理などでよく使われ、親しみのある香りですね。

レモングラスは心の問題から来る食欲減退によく効きます。

ある問題を抱えていて、その問題に過度に集中しすぎて他のことが手に付かない。食欲も湧かず、食べることもめんどくさい。食べ物を見ると吐き気がする。

そんなときに気持ちを切り替える手助けをしてくれます。精神作用の大きい精油です。

(※あんまり高濃度で嗅いでしまうと逆に気持ち悪さを増してしまうときもあるので、薄ーく香らせるのがおすすめです。)

強すぎない優しいオレンジの香りがムカムカと上がってくるものを抑えてくれるような香りで、消化器系に最も効く精油の一つだと有名です。

乾燥させたオレンジの果皮は胃腸薬として昔から使われてきました。

働いてくれるのは、スイートオレンジの主成分(90%以上を占める)リモネンという成分。これが胃を強くし、中の物の消化を助けてくれます。

このリモネンは、動物たちに実を食べてもらって中の種を土に落として子孫繁栄をしようとした柑橘系植物が作り出したもの。なので、動物の一部である人間にもよく効きます。

ただの飲みすぎ、食べすぎからくる胃のもたれだけでなく、精神的に落ち込んで食欲がない、胃に元気がない…というときにも、食欲を増やしてくれる働きを持っています。

 

胃のムカつきや吐き気を解消する活用法とレシピ

胃のムカムカや吐き気をすぐに抑えたいときには、吸入法がおすすめ

胃が気持ち悪いと他のことが手に付かず、なかなかやっかいですよね。すぐにでも、少しでも楽にしたい。そんなときには、マスクに垂らしたりティッシュにたらして口元で嗅ぐ吸入法がおすすめです。

上記で紹介した精油の中で相性がいいものを組み合わせると、相乗効果で効き目が早くなりますので、何パターンかおすすめレシピとやり方を紹介します。

アロママスク

マスクに精油を垂らして吸入する方法です。外出前にささっと作って、つけておくだけで吸入できるお手軽な方法。

おすすめレシピ①:レモングラス1滴、レモン2滴

おすすめレシピ②:オレンジスィート1滴、レモン1滴、ペパーミント1滴

やり方:上の二つどちらかのレシピを選び、マスクの外側(肌に付かない方)の四隅の角(どこでもいい)に垂らしてそのまま普段通りマスクを付ける。

ちぃころ
私はこの間出勤前に胃がもたれていたので、アロママスク作ってつけて行きました!これが効果テキメンで、会社に着く頃には胃がすっきり。ちょっとした胃の不快感にはすぐ効きますよ!

 

ティッシュに垂らして吸入する

ティッシュに垂らして鼻の近くで呼吸と共に吸入する方法。マスクをつけられない場や、オフィスなどで重宝する方法です。

おすすめレシピ①:オレンジスイート3滴、ペパーミント1滴

おすすめレシピ②:レモン2滴、ペパーミント2滴

やり方:ティッシュを4つ折りにして、その中心に上記のどちらかのレシピから選んで精油を垂らす。鼻の近くで2~3回、呼吸と共に吸入し、そのあとは近くに置いて芳香浴として楽しむ。

※あんまりにも長時間行うと辛くなってしまうので、鼻の近くで吸入するのは2~3回まで。それ以上行いたければ、体調をみつつやってみてくださいね。

終わりに

少しの不調であれば、香りだけでささっとセルフケアできてしまうのがアロマセラピーの長所。

是非ともお試しください^^

 

 

【SPONSORED LINK】

About The Author

[profile name="ちぃころ" namesize=22 namecolor="#36597E" nameitalic=1 authorurl="#" profimgurl="https://korosaku.info/wp-content/uploads/2017/08/img_3564.jpg" profshape="circle" profsize=200 topbgimgurl="https://korosaku.info/wp-content/uploads/2017/08/summer-daisy-field-picjumbo-com.jpg" profbdwidth=12 twitterurl="https://twitter.com/chiikorox" facebookurl="" googleplusurl="" youtubeurl="" pinteresturl="" hoverfx=1 descfontsize="13px" border=1] 普段は中国語の通訳をしている中国帰り女です。
新卒で入った会社で体調を崩したことをきっかけに、IFA(アロマセラピストの国際資格)を取得しました。
このブログでは、
『アロマセラピーについて』
『中国生活で体験したこと』
『コスメや美容医療』
などをメインに書いていきます。
ラジオを聴きながら好きなアロマを炊く時間が好き。 [/profile]