しゃんりぃふ

アロマもコスメもチャイナも!好きなものぜんぶ

【精油Dictionaly vol.10】グレープフルーツの精油の効能

【SPONSORED LINK】

こんにちは、IFA認定国際アロマセラピストのちぃころです。

今日は、親しみのあるジューシーな香りで、精神的なサポートも、ダイエットのサポートもしてくれるグレープフルーツの精油の効能をご紹介していきたいと思います!

グレープフルーツ
英語名:Grapefruit
学名: Citrus paradis
ミカン科

グレープフルーツの原産地として有名なのはアメリカのフロリダ州。温暖な気候が有名で、柑橘系の産地として非常に適していると言われています。

ブドウの房のように一気にたくさんの実をつけることからその呼び名がついたグレープフルーツ。形が丸く整っていて、ずっしりと重みがあり、柑橘系の中では群を抜いて実が大きいのが特徴です!

ハリとつやのある、凹みのないきれいなボディをしていて、味も、甘味や酸味のバランスもよく、世界中で食べられています。

【SPONSORED LINK】

グレープフルーツの精油はどんな香り?

甘味と苦みのバランスがよく、絶妙なフレッシュさを出している香り。満ち足りた感覚をもたらせてくれます。

こんなひとにぴったり

  • 気分が落ち込み、くよくよし続けてしまうときに。気分転換に役立ち、自身や前向きな気持ちを取り戻させてくれる
  • 幸せだと長い間感じられないときに。嗅ぐと、幸せホルモンであるエンケファリンが分泌され、幸福な気持ちにさせてくれる
  • ストレスがかかると暴飲暴食に走ってしまうひとに。その衝動や欲求を抑える助けをする。
  • むくみや、そこからくるセルライトがひどいときに。リンパ系に働きかけて水分や老廃物の滞留を解消してくれる。

グレープフルーツの精油 心への効能

緊張、欲求不満、イライラなどのストレスを食べることで解決しようとしてしまうときに

みずみずしい香りが、気持ちに軽さを与えて心と体のアンバランスを整えてくれる香りです。

緊張やストレスを食べることで解決しがちな人というのは、多くの場合、向上心も高く、他人にも自分にも高望みや大きな期待をする傾向があります。

それ自体は悪いことではないのですが、人生の中でそんなに上手くいくことばかりではないのもまた事実。

そういう傾向がある方は、望み通りにことが進まなかったり、失望したりすると、怒りや非難を心の中に溜めて、自己批判になりがち。それはやがて自己嫌悪にも繋がって、自分を落ち着かせたいという欲求に変化します。

そうなると、自分の慰めのために食べ物を多く摂取し出すということが起こるのです。美味しい食べ物を食べているときは、満たされた気持ちになる幸せホルモンも出ますし、それに依存気味になっちゃうんですね。

こういう鬱積した不調和を解決してくれるのがグレープフルーツです。

グレープフルーツの香りを嗅ぐと、幸せホルモンの一種であるエンケファリンが分泌されることで、そういう満たされない気持ちを補填したり、慰める力となり、助けてくれるのです。

前向きに次の目標に向かって進む力を取り戻させます。

コミュニケーションを活発にしてくれる

以前から、『人が集まるところや、交流会などでグレープフルーツの香りを焚くと、もりあがる』と言われています。

甘すぎず、苦すぎず、親しみやすい香りが人を安心させたり、

ポジティブで前向きな気持ちを取り戻させる力がコミュニケーションを活発にしてくれます。

グレープフルーツの精油 身体への効能

むくみやセルライトに

血液やリンパの流れを促進して余分な水分や老廃物を排出する助けをします。

グレープフルーツだけでなく、柑橘系の精油全てにはリモネンという成分があるのですが、この成分は非常に小さく、肌から血管に浸透した時に、血液内の不要なものを一緒に押し流してくれると言われています。

ダイエットに

精神を安定させることで、ストレスや不安、自己嫌悪から暴飲暴食に走ってしまうことを防ぎ、結果的にダイエットに役立ちます。

なので、脂肪を燃焼させるのを助けるとかそういうことではなくて、

あくまでも、精神の安定からの、食欲の調節という効果がメインということになります。

(※ネットでは脂肪の燃焼を助けるかのような記事もありますが、それはあくまでサブ的な効果です。)

でも、ストレスがかかったときに甘いものをついつい口にしてしまうなどの癖がある方には、ぴったりな精油とも言えますね^^

二日酔いに

胃腸の調子をよくしてくれる作用があるのと、肝臓の働きをたすけてくれる作用があります。

ローズマリー(シネオール)、レモン、ペパーミントと一緒にブレンドしてお風呂に入れて入浴すると、スッキリした香りが胃腸の気持ち悪さを解消し、頭痛などの不快な症状からの回復を早めてくれます!

消化不良による胸焼けなど

これは他の柑橘系にも言えることですが、消化管の動きを高めるので、食べすぎなどによる消化不良でお腹が気持ち悪い時などに。

キャリアオイルにブレンドしてお腹に直接塗ったり、優しく香らせるだけでもお腹がすっきりしてきますよ^^

グレープフルーツの精油の注意事項

こうして、爽やかな香りと共に、身体にも心にもたくさんの良い効能をもたらすグレープフルーツの精油ですが、

ひとつ、注意事項があります。

向精神薬、鎮静剤、睡眠剤、抗てんかん剤、血圧降下薬を服用している方は、

グレープフルーツの中に含まれるフロクマリン類という種類の成分により、これらの薬の副作用を高めてしまうときがあることが、研究で分かったそうです。

なので、これらの薬を飲んだ直後や、効き目が出ているとき、そして常用している間はグレープフルーツの使用は控えるか、少量・短時間に限った方が良いようです。

グレープフルーツの精油の活用法&おすすめレシピ

発熱からの病後の回復に

解熱して冷却する作用があったり、免疫力を高めてウイルスと戦う力を持つ精油を中心に、そこにグレープフルーツを加えると、その爽やかな香りが一気に身体を元気な方向に持っていてくれます。自分で作ってみて、とても効いたので、載せておきますね!

ー 材料 ー

  • グレープフルーツの精油 3滴
  • タイム・リナロールまたはローズウッドの精油 3滴
  • ローズマリー・シネオール 5滴
  • レモン 4滴
  • マカデミアオイル(基材) 30ml

ー 作り方と使い方ー

基材となるオイルに上の精油をいれてよく混ぜる。それから、適量を手に取り、胸骨の上や、腹部や足の裏やふくらはぎなどに塗布する。たくさんお水を飲むのもお忘れなく!

二日酔いの朝のバスタイムに

グレープフルーツの吐き気を抑える効果を取り込みながら、入浴して汗を流すことでアルコールを排出し、スッキリさせましょう。そんなときにはちゃちゃっと作れるバスソルトで♪

ー 材料 ー

  • ジュニパーの精油 2滴
  • グレープフルーツの精油 2滴
  • バスソルトか天然塩 40g

ー 作り方と使い方 ー

基材となるお塩に精油をたらし、よく混ぜた後に、それをお風呂に入れてよく混ぜる。

お湯の温度は40度ほどで、香りをゆっくり取り込める半身浴がおすすめです!

足のむくみに

一日8時間は立ちっぱなしの仕事をしている私が、『足のむくみ解消オイル』を色々試してみて、一番効果を実感したレシピ!とてもシンプルですが、香りも良く、次の日にはすっきりしています。

ー 材料 ー

  • グレープフルーツの精油 3滴
  • ジュニパーの精油 2滴
  • ローズマリー・シネオールの精油 1滴
  • 基材となる植物オイル(おすすめはスイートアーモンドオイル)30ml

ー 作り方と使い方 ー

基材となるオイルに精油を垂らしてよく混ぜ、くるぶしや足首から上に向かって撫でるようにマッサージする。筋肉が特に疲れているとかんじるときは、こぶしの関節で少し力を入れてしっかりと。テレビを見ながらでもゆったり行うと、リラックスにも繋がります。

終わりに

ダイエットや、むくみ、二日酔いまでも、

心と身体の両方をすっきりさせ、健康な生活へと導いてくれる力のあるグレープフルーツの精油を、

あなたも生活に取り入れてみませんか?^^

*精油をつかってみたいと思ったら*

 

【SPONSORED LINK】

About The Author

[profile name="ちぃころ" namesize=22 namecolor="#36597E" nameitalic=1 authorurl="#" profimgurl="https://korosaku.info/wp-content/uploads/2017/08/img_3564.jpg" profshape="circle" profsize=200 topbgimgurl="https://korosaku.info/wp-content/uploads/2017/08/summer-daisy-field-picjumbo-com.jpg" profbdwidth=12 twitterurl="https://twitter.com/chiikorox" facebookurl="" googleplusurl="" youtubeurl="" pinteresturl="" hoverfx=1 descfontsize="13px" border=1] 普段は中国語の通訳をしている中国帰り女です。
新卒で入った会社で体調を崩したことをきっかけに、IFA(アロマセラピストの国際資格)を取得しました。
このブログでは、
『アロマセラピーについて』
『中国生活で体験したこと』
『コスメや美容医療』
などをメインに書いていきます。
ラジオを聴きながら好きなアロマを炊く時間が好き。 [/profile]